スポンサードリンク
復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark | 2010.01.07 Thursday | category:-
Home >> - >> 復縁
<<  - 

復縁

 JUGEMテーマ:復縁

某探偵会社の報告では、ここ数年、復縁に関する依頼が増えているそうです。

ちょっと前までは、探偵会社に依頼する内容のほとんどが「浮気している様子が伺えるので、証拠をつかんで欲しい」という浮気調査や、結婚相手の素行調査などでしたが、ここ数年になり少し状況が変わってきているようなのです。

離婚はしたものの、やっぱり前の相手とやり直したい、別れた彼女(あるいは彼)ともう一度付き合いたい、といった復縁依頼が増えてきています。

この変化には、どのような背景が考えられるのでしょうか。

「破局したはずのあの芸能人が復縁していた」というニュースがワイドショーを賑わせたこともあり、「復縁」という言葉が一般人の耳にも入るようになりました。

また友人から復縁の相談を受けるなど、より身近な話題として「復縁」について考えた経験のある人もいることでしょう。

もちろん、簡単についたり離れたりする最近の男女関係の安易さがもたらした結果だという見方もできます。
また別の視点から見てみると、損得を考えて一度は別れを選んだ人たちが「本当に大切なもの」に気付き始めた、とも捉えることができないでしょうか。
本来、男女の愛情や家族間では利潤の追求を目的としないのですが、少し前までは恋愛に「勝ち負け」をつけるような価値基準が持ち込まれていました。
しかし一時的な感情や目先の甘い誘惑に踊らされて別れを選択した人たちが、現実社会の厳しさに立ち塞がれた時、やはり長い時間をかけて培われた絆を大切にしたいと復縁を望むようになったのです。

近年における復縁依頼の増加は、男女関係に損得の価値基準を持ち込んだことへの反省とも考えられるのかもしれません。

 本気で復縁したいならこちら
携帯からはこちら
| renaihukkatu | 11:36 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | 2010.01.07 Thursday | category:-
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | 11:36 | - | - | pookmark | 2010.01.07 Thursday | category:-
Comment

紳助引退の真相はこちら
http://eok0ot6.ato.zetto.info/eok0ot6/
Posted by: AtoZ |at: 2011/08/29 3:06 PM








Trackback

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode